« 猛追2位ウェバー(レッドブル)、「まるでロシアンルーレット」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ピレリにトラブル急速解明を指示 »

2013/07/01

タイヤ問題を徹底的に調査 新接着工程には問題無し (ピレリ)

ニコ・ロズベルグ (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2013年イギリスグランプリ 決勝
2013年6月30日、シルバーストン

ニコ・ロズベルグが、メルセデスに1955年以来のイギリスグランプリ優勝をもたらしました。

決勝では、数台のマシンの左リアタイヤに問題が発生し、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ジャン・エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)、セルジオ・ペレス(マクラーレン)に影響を及ぼしました。ピレリのエンジニアは、翌週のドイツグランプリ前に問題の原因を徹底的に調査します。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:「これまで見られなかったような何らかの問題が、明らかに左リアタイヤに発生しました。我々は、状況を深刻に受け止め、次のドイツグランプリ前に、できる限り早く原因を究明するため、全てのタイヤを調査しています。現時点では、全ての事象に関する十分な調査と分析を終えるまで、あまり多くのことを言及することはできませんが、それらの調査・分析は我々のとっての最優先事項です。しかし、今回のレースから導入された新しい接着工程は、今日見られたタイヤ問題の原因からは除外することができます。このサーキットの何らかの側面が、我々の2013年型仕様タイヤの最新版に特定の影響を与えた可能性がありますが、現時点では推測をせず、全ての証拠から原因を究明し、求められる適切な次の段階へ進みたいと思います」

Pi

ピレリジャパン・プレスリリース

|

« 猛追2位ウェバー(レッドブル)、「まるでロシアンルーレット」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ピレリにトラブル急速解明を指示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57704241

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ問題を徹底的に調査 新接着工程には問題無し (ピレリ):

« 猛追2位ウェバー(レッドブル)、「まるでロシアンルーレット」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ピレリにトラブル急速解明を指示 »