« 「F1参戦準備万端」とマグヌッセン(マクラーレン) | トップページ | シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/18) »

2013/07/19

エクレストン氏、ドイツ当局から起訴通知受ける

B.Ecclestone & J.Todt (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表で、F1の商業部門を司るバーニー・エクレストン氏(82歳:イギリス)が、F1株式に関する贈賄の疑いでドイツ・ミュンヘンの司法当局から起訴されたことがわかった。
これは2006年に行われた『CVCキャピタル』へのF1株式売却の際に、エクレストン氏がドイツの銀行バイエルンLBの元リスク担当役員であるゲルハルト・グリブコウスキー氏に賄賂を贈ったとされるもの。

これについてエクレストンは金銭を支払ったことは認めたものの、脅されたためであると主張して容疑を否認しているという。
ただ今後の推移によってはこれまでF1で強権を振るってきた総帥の威光に陰りをみせることは間違いないものとみられる。

|

« 「F1参戦準備万端」とマグヌッセン(マクラーレン) | トップページ | シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/18) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57819581

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、ドイツ当局から起訴通知受ける:

« 「F1参戦準備万端」とマグヌッセン(マクラーレン) | トップページ | シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/18) »