« FIA、タイヤ脱落事故に「グリッド10番降格ペナルティ」 | トップページ | 各チーム、高温のハンガロリンクで新型ピレリタイヤを使用 »

2013/07/27

アロンソ(フェラーリ)、「レース犠牲にしても予選重視」

Fernaodo Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
目下シリーズ・ランキング2位と2006年以来のF1チャンピオン返り咲きを窺うフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)はここハンガリーGPでも優勝を狙っているが、そのためには「レース犠牲にしても予選重視」との姿勢をみせている。

「ここハンガロリンクは他のコース以上に予選で上位に付けることが重要なコースだ。
レースでは前のクルマをオーバーテイクするのが難しいからね。
そのためには多少決勝レースでのペースを犠牲にしても予選重視のセッティングにせざるを得ないんだ。
だから大事なのは明日の午後、自分がどの位置にいるか、だよ」

デビュー2年目の2003年こそポールTOウィン(ルノー)の経験があるが、それ以来ここでは優勝から遠ざかったままだ。

|

« FIA、タイヤ脱落事故に「グリッド10番降格ペナルティ」 | トップページ | 各チーム、高温のハンガロリンクで新型ピレリタイヤを使用 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57872532

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(フェラーリ)、「レース犠牲にしても予選重視」:

« FIA、タイヤ脱落事故に「グリッド10番降格ペナルティ」 | トップページ | 各チーム、高温のハンガロリンクで新型ピレリタイヤを使用 »