« フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、納得いかない週末 | トップページ | 財政危機のザウバー・チーム、ロシア資本が頼りか »

2013/07/08

優勝ベッテル(レッドブル)、「薄氷の勝利だった」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
2013年ドイツGPを制し、ついに自身の歴史に「ホームグランプリ制覇」という新しいページを開いたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)だが、その勝利は簡単なものではなかったようだ。
30勝目を飾ったレース後、ベッテルは次のように語っている。

「最後のチェッカーフラッグを受けるまで、ほんとうに厳しいタフなレースだった。
レース終盤は明らかにライコネン(ロータス)のほうが僕より速かったから、もしレースがあと2-3周長かったら勝てなかったかも知れないよ。
それだけにこのホームレースに勝てて、ほんとうにハッピー。
地元のファンの声援を受けて、そしてそれに応えられる、というのは特別なことなんだ。
チェッカーフラッグを受けてた後のパレードラップで、スタンドから大勢の人たちが歓声を上げて旗を振ってくれているシーンは、僕の頭の中に長く長く残り続けることだろう」

ちなみに同じくドイツのヒーローだったミハエル・シューマッハは通算4回の勝利をドイツGPで挙げている。

|

« フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、納得いかない週末 | トップページ | 財政危機のザウバー・チーム、ロシア資本が頼りか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57748770

この記事へのトラックバック一覧です: 優勝ベッテル(レッドブル)、「薄氷の勝利だった」:

« フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、納得いかない週末 | トップページ | 財政危機のザウバー・チーム、ロシア資本が頼りか »