« ハンガリーGPポールはハミルトン(メルセデス)の手に | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「ポールと聞いて驚いた」 »

2013/07/28

グロージャン(ロータス)、危うくペナルティ

Romain Grosjean (C)Lotus F1 Team
拡大します
この週末、終始好調さを発揮、27日(土)行われた公式予選でもハミルトン&ベッテルという元チャンピオンに次ぐ3番グリッドを獲得したロータス・チームのロマン・グロージャン。
しかし危うくペナルティを科せられる「危機」に見舞われた。

これは公式予選終了後、上位3台について行われた車両検査の際、フロアパネルについて規定以上のたわみがグロージャンのマシンで発見されたもの。
FIA(国際自動車連盟)のレーススチュワード(競技審査委員)はチームからのヒアリングを行って調査した結果、公式予選中にグロージャンが11コーナーの縁石に乗り上げた際にダメージを負ったためであると判定、幸いペナルティは科されないこととなった。

|

« ハンガリーGPポールはハミルトン(メルセデス)の手に | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「ポールと聞いて驚いた」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57877472

この記事へのトラックバック一覧です: グロージャン(ロータス)、危うくペナルティ:

« ハンガリーGPポールはハミルトン(メルセデス)の手に | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「ポールと聞いて驚いた」 »