« F1チーム、ピットレーンでの安全確保に独自ルール検討 | トップページ | FIA、タイヤ脱落事故に「グリッド10番降格ペナルティ」 »

2013/07/27

ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「状況理解している」

Ros Brawn (C)Mercedes Motorsports
拡大します
マクラーレン・チームからメルセデスAMGチームへと移籍を果たしたパディ・ロウ氏について、いまだそのポジションは明確でないが、現チーム代表であるロス・ブラウン氏は次のように独『ディ・ヴェルト』紙に語った。

「様々な噂は私も聞いているよ。
その一つである、ロウがチーム代表に指名されるということも含めて、ね。
メルセデスももちろん長期のプログラムに則ってF1プロジェクトを進めていて、将来的にそういうアイデアが検討されるのは当然予想されることだ。
そうした状況は理解しているよ。
ただ、今は私がF1チームのすべてに責任を持って活動しているのだから、来年大きく変更されるF1についても楽しみにしている」

ベネトン,フェラーリ、そしてブラウンと栄光を重ねたロス・ブラウン氏だが、メルセデスGPとなってからは苦戦を強いられていた。

|

« F1チーム、ピットレーンでの安全確保に独自ルール検討 | トップページ | FIA、タイヤ脱落事故に「グリッド10番降格ペナルティ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57871306

この記事へのトラックバック一覧です: ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「状況理解している」:

« F1チーム、ピットレーンでの安全確保に独自ルール検討 | トップページ | FIA、タイヤ脱落事故に「グリッド10番降格ペナルティ」 »