« ジェームス・アリソン氏、フェラーリ入り目前 | トップページ | ハンガリーGP最初のセッションはレッドブルの1-2! »

2013/07/26

ピレリ: スパ、モンツァ、シンガポール用のタイヤ選択を発表

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2013年7月25日、ミラノ

ピレリは、シーズン後半最初の3戦、ベルギー、イタリア、シンガポールグランプリ用のP Zeroコンパウンドを発表しました。

シーズン中の高速サーキットのひとつで、一周が最長のスパには、P Zeroオレンジ・ハードとP Zeroホワイト・ミディアムが持ち込まれます。スパは、シーズン中で最も大きな縦方向の荷重がフロントタイヤに課せられるサーキットです。その負荷の大半は、オー・ルージュコーナーによるものです。したがって、ピレリのFormula Oneレンジ中で最も硬いタイヤの組み合わせが最適となります。

ピレリのホームレースであるモンツァでは、同じくハードとミディアムコンパウンドが使用されます。

スパが多くの高速コーナーを特徴とするのに対し、モンツァを特徴付けているのは高速ストレートです。ここでは、タイヤに大きな縦方向の力がかかり、ブレーキング時の負荷によってブリスターが発生する可能性があります。したがって、モンツァでも最も硬いコンパウンドの組み合わせが理想的な選択と言えます。

対照的に、シンガポールでは、P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroレッド・スーパーソフト(レンジ中最も軟らかいタイヤでカナダグランプリ以来の登場となります)が使用されます。シンガポールは、夜間にレースが行われる市街地サーキットであるため、タイヤにユニークな負荷がかかります。タイトでツイスティなコーナーで、スーパーソフトは理想的なトラクションとグリップを生み出します。一方、ミディアムタイヤはその十分な耐久性が戦略構築の材料となります。

ハンガリーグランプリ以降使用される全てのタイヤは、2012年型タイヤ構造と2013年型コンパウンドを組み合わせた仕様によるものです。通常通り、各レースには、Cinturatoグリーン・インターミディエイトとCinturatoブルー・フルウェットも持ち込まれます。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:「シーズン後半戦は、高速でタイヤに最も厳しいベルギーとイタリアで幕を開けます。シンガポールは、全く異なるチャレンジです。今シーズン最後の市街地レースには、スーパーソフトが最適となります。いつものように、我々のタイヤ選択は、レースに最も効果的なタイヤであるとともに最適な戦略の機会を提供することに重きを置いています」

Pi

|

« ジェームス・アリソン氏、フェラーリ入り目前 | トップページ | ハンガリーGP最初のセッションはレッドブルの1-2! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57867705

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ: スパ、モンツァ、シンガポール用のタイヤ選択を発表 :

« ジェームス・アリソン氏、フェラーリ入り目前 | トップページ | ハンガリーGP最初のセッションはレッドブルの1-2! »