« Q2敗退ロズベルグ(メルセデスAMG)、「簡単な状況じゃないよ」 | トップページ | フェラーリ・チームは決勝レース見据えたタイヤ戦略 »

2013/07/07

ハミルトン、ピレリのP Zeroでファンジオの記録に並ぶ

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2013年ドイツグランプリ 予選
2013年7月6日、ニュルブルクリンク

メルセデスのルイス・ハミルトンが、ピレリのP Zeroイエロー・ソフトタイヤで1分29秒398を記録し、2戦連続で今シーズン3回目のポールポジションを獲得しました。今週末のドイツグランプリ用として、P Zeroイエロー・ソフトとP Zeroホワイト・ミディアムタイヤが選択されています。ハミルトンは通算29回目のポールポジションとなり、ファンジオの史上7位の記録に並びました。

今日の予選は、気温25℃、路面温度43℃の温暖なコンディションの下、ニュルブルクリンクで行われました。このサーキットでの前回のドイツグランプリ開催は、ピレリがFormula Oneに復帰した2011年でした。

ピレリジャパン・プレスリリース

Q1では、セッションを通じてミディアムタイヤを使用したメルセデスとレッドブルの両ドライバーを除き、全てのドライバーがP Zeroイエロー・ソフトタイヤを使用しました。フェラーリのフェリペ・マッサが、ソフトコンパウンドでQ1の最速タイムを記録しました。

Q2では、Q1を突破した全ドライバーがソフトタイヤを使用しました。レッドブルの両ドライバーは、セッション終了5分前に最後にコースに入り、1回のランのみでタイムを記録しました。路面の改善が急速に進む中、ここでもマッサが最速タイムを記録しました。

Q3では、大半のドライバーがソフトタイヤを使用しました。フェラーリの両ドライバーのみが異なる戦略を選択し、ミディアムタイヤでタイムを記録しました。彼らは、ミディアムタイヤで明日の決勝のスタートを切ることになります。マクラーレンのジェンソン・バトンとザウバーのニコ・ヒュルケンベルグはタイム計測を行わなかったため、明日の決勝のスタート時に装着するタイヤを自由に選択できます。

午前中に行われた最終フリー走行では、セバスチャン・ベッテルとニコ・ロズベルグによって、ホームグランプリでのドイツ人ドライバーのワンツーとなりました。両ドライバーともにソフトタイヤで自己ベストタイムを記録しました。

Pi

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:「ミディアムとソフト間の性能差がラップあたり1秒以上あったため、明らかに予選の戦略に影響を及ぼしました。明日の決勝にも同じことが言えます。ソフトタイヤが予選に適していたことは間違いありませんが、ミディアムタイヤでスタートするドライバーたちは、ソフトタイヤでスタートするドライバーたちが早く1回目のピットストップを行う際にトラックポジションを上げることができる可能性があります。決勝では、ミディアムタイヤを軸とした2ストップ戦略が主流になると予測しており、各チームが今晩計画するレース戦略の核心となるでしょう。予選を通して路面温度は高く、比較的グリップレベルが低かったため、ドライバーたちにはタイヤから最大限を引き出すための繊細な仕事が課せられ、予選のラップタイムを計測するタイミングが極めて重要となりました。明日は、下位のグリッドからでも、良い戦略を採れば順位を上げることができる可能性が大いにあります。摩耗、デグラデーション、性能は、いずれも我々の想定通りです。明日もドライウェザーのようですし、多様な戦略も見られますので、良いレースが展開されると思います」

|

« Q2敗退ロズベルグ(メルセデスAMG)、「簡単な状況じゃないよ」 | トップページ | フェラーリ・チームは決勝レース見据えたタイヤ戦略 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57739956

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン、ピレリのP Zeroでファンジオの記録に並ぶ :

« Q2敗退ロズベルグ(メルセデスAMG)、「簡単な状況じゃないよ」 | トップページ | フェラーリ・チームは決勝レース見据えたタイヤ戦略 »