« FIAレースディレクター、「イギリスGP赤旗打ち切りもあり得た」 | トップページ | 7月若手対象テストにレースドライバー参加も »

2013/07/02

マクラーレン代表「問題は深刻」、ドイツGP拒否も

実に都合5回ものタイヤバースト事故が発生したイギリスGPを終え、被害を受けたチーム側からは反発の声が上がっている。
とりわけフリー走行と決勝レース2度も同じようなタイヤ損傷に見舞われたセルジオ・ペレスを擁するマクラーレン・チームでは次のように語気を強めてアピールした。

「たった一度のイベントで、5回もの不可思議な事故が起きるのは異常だ。
われわれはその正確な原因と対策を知らされる権利があり、そうでないならばわれわれは次のドイツGPへの参戦を拒否する選択肢を持つ」と、マーティン・ウィットマーシュ代表。

2005 USA GP Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
過去2005年のアメリカGPでは、バンクでのミシュランの不自然なタイヤ事故から同ユーザーが決勝レースをボイコット、ブリヂストンユーザー(6台)だけでレースが行われた歴史がある。

|

« FIAレースディレクター、「イギリスGP赤旗打ち切りもあり得た」 | トップページ | 7月若手対象テストにレースドライバー参加も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57708833

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン代表「問題は深刻」、ドイツGP拒否も:

« FIAレースディレクター、「イギリスGP赤旗打ち切りもあり得た」 | トップページ | 7月若手対象テストにレースドライバー参加も »