« FIA(国際自動車連盟)、ピレリにトラブル急速解明を指示 | トップページ | マクラーレン代表「問題は深刻」、ドイツGP拒否も »

2013/07/02

FIAレースディレクター、「イギリスGP赤旗打ち切りもあり得た」

Charlie Whiting (C)RedBull Racing
拡大します
相次いだピレリタイヤのバースト事故により波乱の展開となったイギリスGPについて、FIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターは「レースは赤旗中止もあり得た」と、深刻な状況だった裏側事情を明らかにした。

「長いことF1レースを見てきたが、今回のようなケースは初めてのことだった。
ドライバー自身が危険な状況に陥るのはもちろんだが、あれだけ散らばったデブリ(破片)を完全に清掃するのは困難、さらにコースマーシャルにまで危険が及ぶ懸念もあった。
事態はレースを赤旗中止にする、まさに直前だったのだ。
まだ原因が明確でない今の状況では何を言うのも適切ではないが、ピレリタイヤ側とも力を合わせ早急に解明されなくてはならない」

幸いさらなる事故はなくレースは終えられたが、関係者の間でもレース打ち切りは止むを得ないとの空気があったのは事実だ。

|

« FIA(国際自動車連盟)、ピレリにトラブル急速解明を指示 | トップページ | マクラーレン代表「問題は深刻」、ドイツGP拒否も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57708242

この記事へのトラックバック一覧です: FIAレースディレクター、「イギリスGP赤旗打ち切りもあり得た」:

« FIA(国際自動車連盟)、ピレリにトラブル急速解明を指示 | トップページ | マクラーレン代表「問題は深刻」、ドイツGP拒否も »