« ジャン・トッドFIA会長、再選に強力なライバル出現か | トップページ | メルセデスAMG、タイヤ管理の決め手は赤外線カメラ? »

2013/07/25

バーニー・エクレストン氏、『来季のF1は20戦』明言

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1株式の売却を巡り、ドイツの検察当局から起訴されているFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表のバーニー・エクレストン氏だが、その事業意欲は決して衰えることがないようだ。

1950年から続く現代のF1グランプリで、最大だったのは2012年の年間20戦。
拡大志向のエクレストン氏は今年、さらに1戦増やした年間21戦を示唆していたが、これにはF1チームの集まりであるFOTA(フォーミュラワン・チーム・アソシエーション)が強く反発。
結局エクレストン氏も19戦で折れた、という経緯がある。
しかし来年については年間20戦を譲らない姿勢をあらためて強調した。

折りしも昨日レッドブルリンクでのオーストリアGPが来年復活開催されることが決まったばかり。
他にもソチでのロシアGPやニュージャージーでのGPオブ・アメリカが新規開催候補に挙げられており、韓国GPなどいくつかの現行グランプリのカレンダー脱落は必至の状況とみられる。

|

« ジャン・トッドFIA会長、再選に強力なライバル出現か | トップページ | メルセデスAMG、タイヤ管理の決め手は赤外線カメラ? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57859663

この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・エクレストン氏、『来季のF1は20戦』明言:

« ジャン・トッドFIA会長、再選に強力なライバル出現か | トップページ | メルセデスAMG、タイヤ管理の決め手は赤外線カメラ? »