« タイヤ事故のレッドブル、再発防止に作業見直し案 | トップページ | メルセデスF1の初期F1モデル『W196』が26億円 »

2013/07/14

佐藤公哉、「F1へのチャンスのきっかけになれば」

佐藤 公哉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
今週行われるザウバー・チームの若手ドライバー対象テストに参加することが確定した佐藤公哉(23歳)は、「これが将来F1にステップアップするきっかけになれば」と、期待を高めている。

「F1チームにとってシーズン中の大事な時期に行われるテストに、まったくF1経験がない自分を使ってくれることに感謝している。
もちろんマシンを壊してはいけないなどプレッシャーはあるけれど、なんとかチームに貢献できるよう全力を尽くしたい。
将来のことはまだ何も決まっていないけれど、なんとかこのチャンスをステップアップへのきっかけにできればうれしい」と、佐藤公哉。

2005年にフォーミュラ・BMWでシングルシーター・デビューを果たした佐藤公哉は2011年からヨーロッパにその活躍の場を移し、昨年はドイツF3でランキング3位、ユーロノバ・レーシングからAUTO GPに参戦する今年はここまでランキング首位に立っている。
なお佐藤公哉が今回のテスト参加のためチームに支払った金額は25万ユーロ(約3,250万円)と伝えられている。

|

« タイヤ事故のレッドブル、再発防止に作業見直し案 | トップページ | メルセデスF1の初期F1モデル『W196』が26億円 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57786478

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤公哉、「F1へのチャンスのきっかけになれば」:

« タイヤ事故のレッドブル、再発防止に作業見直し案 | トップページ | メルセデスF1の初期F1モデル『W196』が26億円 »