« ベッテル(レッドブル)、「来季誰がチームメイトでもOK」 | トップページ | ピレリタイヤ首脳、「タイヤ批判は不当なもの」 »

2013/07/23

カルテンボーン/CEO(ザウバー)、更迭必至か

M.カルテンボーン&小林可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
深刻な資金難に陥っているとされるザウバー・チームは、ロシア企業による救済でF1参戦が継続される見込みだが、これに伴い現在チーム運営を担うモニシャ・カルテンボーン/CEO(41歳:オーストリア)さんのポジションが危ういものになりそうだ。

「ロシア国立航空技術研究所」ら、パートナーシップ契約を結んだロシア企業グループはすでに国立航空技術研究所の所長であるオレグ・シロトキンの子息セルゲイ・シロトキン(17歳:ロシア)を同チームのレースドライバーにすべく育成の方針を「強いて」いるものの、いまのところ経営に直接関与する姿勢はみせていない。

しかし地元スイスの『ブリック』紙らは、いずれカルテンボーンさんの交代は必至のものと伝えている。
カルテンボーンさんは昨年10月、チームの創始者であるペーター・ザウバー氏からチーム運営を引き継いだばかりだ。

|

« ベッテル(レッドブル)、「来季誰がチームメイトでもOK」 | トップページ | ピレリタイヤ首脳、「タイヤ批判は不当なもの」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57846875

この記事へのトラックバック一覧です: カルテンボーン/CEO(ザウバー)、更迭必至か:

« ベッテル(レッドブル)、「来季誰がチームメイトでもOK」 | トップページ | ピレリタイヤ首脳、「タイヤ批判は不当なもの」 »