« 大波乱のイギリスGPはロズベルグ(メルセデスAMG)が制す | トップページ | 事故続発のピレリタイヤ、「分析・解明に集中する」 »

2013/07/01

優勝ロズベルグ(メルセデスAMG)、危うくペナルティ

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
30日(日)行われたイギリスGPでみごと優勝を飾ったメルセデスAMGチームのニコ・ロズベルグ(28歳:ドイツ)だが、レース後にコントロールタワーから呼び出しを受けていたことがわかった。
それによればロズベルグは、レース中イエローコーションになった際の3コーナーから5コーナーで十分な減速をしなかったとしてレーススチュワード(競技審査委員)から事情を聞かれたというもの。

結果はレースタイムの加算など実質的なペナルティはなく「戒告」だけの処分に留まり、ロズベルグの優勝が確定した。
今回2位のウェバー(レッドブル)とはわずか0.7秒の差。
もし10秒の加算だったとしても4位まで点ラマするという僅差のレースだっただけにロズベルグは胸をなで下ろしたことだろう。

|

« 大波乱のイギリスGPはロズベルグ(メルセデスAMG)が制す | トップページ | 事故続発のピレリタイヤ、「分析・解明に集中する」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57701246

この記事へのトラックバック一覧です: 優勝ロズベルグ(メルセデスAMG)、危うくペナルティ:

« 大波乱のイギリスGPはロズベルグ(メルセデスAMG)が制す | トップページ | 事故続発のピレリタイヤ、「分析・解明に集中する」 »