« 公式予選Q1もウェットスタート | トップページ | カナダGPポールはベッテル(レッドブル)が獲得 »

2013/06/09

予選Q2は赤旗中断の波乱

相変わらず降ったり止んだりの不安定な天候の下、予選Q2が行われた。
ここでも各車インターミディエイトタイヤを装着している。
激しいタム争いが繰り広げられる中、マッサ(フェラーリ)が4コーナーでコントロールを失ってバリアにクラッシュ。
残り時間1分59秒というところでセッションは赤旗中断となった。
その後セッションは再開されたが、実質的に最後はわずか1周のアタックという形になった。
加えて最後尾に並んだバトンはこれにも間に合わずチェッカーフラッグを受ける羽目に。

トップに立ったのはハミルトン(メルセデス)だがそのタイムはQ1時より4秒近く遅いものだった。
以下ウェバー(レッドブル)、ベッテル(レッドブル)、ボタス(ウィリアムズ)、ロズベルグ(メルセデスAMG)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、ライコネン(ロータス)、アロンソ(フェラーリ)、そして最後の1周で食い込んだスーティル(フォース・インディア)とリカルド(トロ・ロッソ)を加えた10台。
ここで脱落したのはヒュルケンバーグ(ザウバー)、ペレス(マクラーレン)、マルドナド(ウィリアムズ)、バトン(マクラーレン)、グティエレス(ザウバー)、そしてマッサ(フェラーリ)の6台となった。

|

« 公式予選Q1もウェットスタート | トップページ | カナダGPポールはベッテル(レッドブル)が獲得 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57552765

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2は赤旗中断の波乱:

« 公式予選Q1もウェットスタート | トップページ | カナダGPポールはベッテル(レッドブル)が獲得 »