« イギリスGPフリー走行3回目はメルセデスAMG勢が1-2 | トップページ | 予選Q2はレッドブルが1-2、マクラーレン勢脱落 »

2013/06/29

予選Q1、メルセデスが1-2! 苦しむフェラーリ勢

29日(土)午後、シルバーストーンは引き続きドライコンディションで公式予選が始められた。
トップタイムをマークしたのはメルセデスAMGのルイス・ハミルトンでただ一人ベストタイムを1分30秒台に入れる1'30.995を記録した。
2番手も僚友ニコ・ロズベルグがつけ、ここでもメルセデスAMG勢の1-2。

3-4番手につけたのはロータスのライコネン&グロージャンで5-6番手となったベッテル&ウェバーのレッドブル勢を上回ってみせた。
マクラーレン勢はここではペレス7番手バトン8番手と健闘。
9-10番手はスーティル&ディ・レスタのフォース・インディア勢だった。
逆に苦しんだのがフェラーリ勢で、マッサ14番手、アロンソは15番手だった。

ここで脱落したのはボタス(ウィリアムズ)、グティエレス(ザウバー)、ピック(ケータハムF1)、ビアンキ(マルシアF1)、デル・ガルデ(ケータハム)、そしてチルトン(マルシアF1)の6台。
デル・ガルデには前戦の青旗無視で今回グリッド5番降格のペナルティが科せられる。

|

« イギリスGPフリー走行3回目はメルセデスAMG勢が1-2 | トップページ | 予選Q2はレッドブルが1-2、マクラーレン勢脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57690686

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、メルセデスが1-2! 苦しむフェラーリ勢:

« イギリスGPフリー走行3回目はメルセデスAMG勢が1-2 | トップページ | 予選Q2はレッドブルが1-2、マクラーレン勢脱落 »