« 最終フリー走行はコース修復で30分短縮 | トップページ | 予選Q2は赤旗中断の波乱 »

2013/06/09

公式予選Q1もウェットスタート

8日(土)午後カナダGP公式予選が始まった。
しかしこれに合わせるかのように雨粒が落ち出し、セッションはウェット(インターミディエイトタイヤ)でのスタートを余儀なくされる。
しかしここでも路面は走行と共に部分的に改善されドライバーは難しいドライビングとタイヤ管理を強いられた。

トップタイムを記録したのは1'22.318を記録したベッテル(レッドブル)。
これにアロンソ(フェラーリ)、ウェバー(レッドブル)、ボタス(ウィリアムズ)、マッサ(フェラーリ)、ハミルトン(メルセデス)、ロズベルグ(メルセデスAMG)、ヒュルケンバーグ(ザウバー)、バトン(マクラーレン)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、ペレス(マクラーレン)、グティエレス(ザウバー)、ライコネン(ロータス)、スーティル(フォース・インディア)、リカルド(トロ・ロッソ)、マルドナド(ウィリアムズ)までがQ2進出。

ここで脱落したのはディ・レスタ(フォース・インディア)、ピック(ケータハムF1)、グロージャン(ロータス)、ビアンキ(マルシアF1)、チルトン(マルシアF1)、デル・ガルデ(ケータハム)の6台がここで脱落となった。
なおグロージャンは前戦のペナルティにより今回グリッド10番降格のペナルティが決まっている。

|

« 最終フリー走行はコース修復で30分短縮 | トップページ | 予選Q2は赤旗中断の波乱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57552699

この記事へのトラックバック一覧です: 公式予選Q1もウェットスタート:

« 最終フリー走行はコース修復で30分短縮 | トップページ | 予選Q2は赤旗中断の波乱 »