« ニュージャージーGP、来年の開催を確約 | トップページ | 最終フリー走行はコース修復で30分短縮 »

2013/06/08

バトン(マクラーレン)、マシンの調子上向きに手応え

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
カナダGPのフリー走行初日をそれぞれ2番手と9番手で終えたマクラーレン・チームのジェンソン・バトンは、「確実にマシンの調子は上向いている」と、その手応えに自信をみせている。

「もちろんまだ十分ではないけれど、これまでに比べれば確実に上位チームとの差は縮まってきていると感じてるんだ。
決勝レースのために今日はロングランをしたかったんだけど、それがちょっと悔やまれるかな。
予選タイムはかなり接近すると思うよ。
それでも、実際の予選グリッドとなるといつものチームが前に並ぶんだろうけど。
だから明日は複雑なコンディションになったほうがウチにはいいかな」と、2009年のチャンピオン。

バトンの今季これまでの予選最高位は8位というものだ。

|

« ニュージャージーGP、来年の開催を確約 | トップページ | 最終フリー走行はコース修復で30分短縮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57547553

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、マシンの調子上向きに手応え:

« ニュージャージーGP、来年の開催を確約 | トップページ | 最終フリー走行はコース修復で30分短縮 »