« ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「自分の責任軽くない」 | トップページ | 「メルセデスのパディ・ロウ」、イギリスGPでお目見え »

2013/06/25

レッドブルも反発、「タイヤテスト強行の方が得」

Redbull Cockpit (C)RedBull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)の国際法廷がタイヤテスト問題でメルセデスAMGチームに下した処分について、すでにフェラーリ・チームが異を唱えていることが伝えられたが、もう一方の「告発者」であるレッドブル・レーシングもこの結末に反発している。

これは英『タイムズ』紙が伝えたもので、それによればあるレッドブル・レーシングの関係者は「若手ドライバー対象の合同テストから得られるメリットより、レギュラードライバーによる本格テストのほうがはるかに有益で、今回の処分では何ら意味がない。
その程度で済むのなら、われわれも処分を承知のうえで極秘テストをやったほうがいい」と、息巻いているということだ。

厄介なのはメルセデスAMGチームが問題になっているタイヤテスト直後のグランプリで優勝してしまっていることだ。

|

« ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「自分の責任軽くない」 | トップページ | 「メルセデスのパディ・ロウ」、イギリスGPでお目見え »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57660681

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブルも反発、「タイヤテスト強行の方が得」:

« ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「自分の責任軽くない」 | トップページ | 「メルセデスのパディ・ロウ」、イギリスGPでお目見え »