« 不調マクラーレンのバトン、「前向き要素、何もない」 | トップページ | ロバート・クビサ、F1復帰の障害にコクピットの狭さ挙げる »

2013/06/13

エディ・ジョーダン氏、「ピレリタイヤ非難は筋違い」

Eddie Jordan (C)AUTOSPORT
拡大します
今シーズン、F1タイヤの独占サプライヤーであるピレリに対し、各チームからそのタイヤや極秘で行ったテストについて非難の声が上げられているが、元ジョーダン・チームの代表でアルエディ・ジョーダン氏はこれを「筋違い」とオーストリアの『セアブス・テレビ』で指摘している。

「ピレリは正当な手段で落札しタイヤ供給契約を結んでF1のためにタイヤを供給しているんだ。
彼らがいなかったら、F1タイヤは誰が用意してくれるというのか。
一部のチームは自身のマシンがうまくピレリのタイヤとフィットしないということでタイヤ批判を繰り広げている所があるが、これは筋違いというものだ。
ピレリは懸命にやっているのだし、誰がこれを非難できるというのか。
F1チームはもっとピレリに対して敬意を払うべきだね」

ジョーダン・チームは1991年から2005年に掛けてフォード、ヤマハ、ハート、プジョー、無限、ホンダ、そしてトヨタらのエンジンを搭載して活躍、通算4勝を記録した。

|

« 不調マクラーレンのバトン、「前向き要素、何もない」 | トップページ | ロバート・クビサ、F1復帰の障害にコクピットの狭さ挙げる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エディ・ジョーダン氏、「ピレリタイヤ非難は筋違い」:

« 不調マクラーレンのバトン、「前向き要素、何もない」 | トップページ | ロバート・クビサ、F1復帰の障害にコクピットの狭さ挙げる »