« ロータス・チーム、イギリスGPでの挽回に自信 | トップページ | レッドブルも反発、「タイヤテスト強行の方が得」 »

2013/06/24

ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「自分の責任軽くない」

Ros Brawn (C)Mercedes Motorsports
拡大します
タイヤテスト問題で戒告&若手ドライバー対象テストへの参加禁止という処分を受けたメルセデスAMGチームだが、F1チームの責任者であるロス・ブラウン代表は「自分の責任も、またチームへの処分も決して軽いものではない」と、処分を神妙に受け止めていることを強調した。

「タイヤテストを行うことは自分が一人で判断したこと。
そういう意味でチームがこうして処分を受けたということは私の責任が重いことになる。
だがメルセデス上層部は完全に私を信頼してくれていて、進退問題などが俎上に上がったことは一度もない」と、主張。

また若手ドライバー対象テストへの参加禁止について、「みんなこの処分は甘いというが、これは決して軽い処罰ではない。
メルセデスは組織的な若手ドライバー育成のプロジェクトを行っているので、こうした貴重な機会を得られないことは大きな痛手になる。
また今季マシンのテストで他に後れを取るというのはマシンの開発にも大きなハンディになることだろう」とも付け加えた。

|

« ロータス・チーム、イギリスGPでの挽回に自信 | トップページ | レッドブルも反発、「タイヤテスト強行の方が得」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57654299

この記事へのトラックバック一覧です: ロス・ブラウン代表(メルセデス)、「自分の責任軽くない」:

« ロータス・チーム、イギリスGPでの挽回に自信 | トップページ | レッドブルも反発、「タイヤテスト強行の方が得」 »