« レッドブル代表もメルセデスAMGチームを標的 | トップページ | エディ・ジョーダン氏、「ピレリタイヤ非難は筋違い」 »

2013/06/13

不調マクラーレンのバトン、「前向き要素、何もない」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン、開幕から不振が続くマクラーレン・チームだが、先週行われたカナダGPでついに今季初となる両者共にノーポイントという状況に、ついに同チームのジェンソン・バトンがギブアップ宣言をしている。

「残念ながら、見ての通り。
今のマクラーレン・チームには前向きの要素が何もないよ。
今回のカナダでの状況を見て、もう今シーズンはタイトル争いなんか到底覚束ないことがはっきりしたからね。
でねまだ今後の挽回次第でグランプリに優勝するのは不可能じゃないと思うから頑張るけどね」と、英『テレグラフ』に語っている。

かつては表彰台が当たり前だった名門マクラーレン・チームにとって、2台共にノーポイントというのは実に64戦ぶりとなる不名誉記録だ。

|

« レッドブル代表もメルセデスAMGチームを標的 | トップページ | エディ・ジョーダン氏、「ピレリタイヤ非難は筋違い」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57580065

この記事へのトラックバック一覧です: 不調マクラーレンのバトン、「前向き要素、何もない」:

« レッドブル代表もメルセデスAMGチームを標的 | トップページ | エディ・ジョーダン氏、「ピレリタイヤ非難は筋違い」 »