« ディ・レスタ(フォース・インディア)の予選結果除外 | トップページ | 「ペナルティ・ポイント・システム」等、承認される »

2013/06/30

あせるドライバー、相次ぐ戒告処分

Pitstop Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します

生憎の天候で出だしがスポイルされたこともあり、今回のイギリスGPではドライバーないしチームのあせりが目立つようだ。
ここまでのフリー走行&公式予選で、ピットガレージ関連のペナルティが相次いだ。

まずウィリアムズ・チームのバルテリ・ボタスにはピットレーン走行時の速度違反で1,000ユーロ(約12万9千円)の罰金。
またロータス・チームでは(後続の安全に配慮しない)危険なリリースがあったとして戒告処分。
さらに今回のポールシッターであるメルセデスAMGのルイス・ハミルトンに対してもピットストップの際ボラード(指示杭)を無視してガレージ側のラインを走行したとして戒告処分が下された。

ハミルトンの場合はコントロールタワーに召喚までされたが、事情聴取の結果特に危険なシーンにはならなかったとして軽い処分に留まっている。

|

« ディ・レスタ(フォース・インディア)の予選結果除外 | トップページ | 「ペナルティ・ポイント・システム」等、承認される »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57693719

この記事へのトラックバック一覧です: あせるドライバー、相次ぐ戒告処分:

« ディ・レスタ(フォース・インディア)の予選結果除外 | トップページ | 「ペナルティ・ポイント・システム」等、承認される »