« FIA国際法廷、タイヤテスト問題の結論先送り | トップページ | タイヤテスト問題でメルセデス・チームに戒告処分 »

2013/06/21

メルセデス・チーム、若手ドライバー対象テスト自粛を打診

Mercedes AMG『W04』 (C)Mercedes Motorsports
拡大します
20日(木)FIA(国際自動車連盟)の国際法廷に出廷したメルセデスAMGチームは、7月に予定される若手ドライバー対象の合同テスト参加を自粛する意向を打診したと伝えられる。

これはいま問題になっている、ピレリタイヤとの極秘タイヤテストで不当なアドバンテージを得たとする疑惑を少しでも回避したいという姿勢から生まれたもののようだ。
来月のテストによってさらなる利益を享受することを避ける意味とみられるが、現実的にはこのテストでチームが得られるものは少なくポーズの域を出ないと周辺では冷たい視線。

若手ドライバー対象合同テストは7月17日(火)から19日(金)に掛けての3日間、イギリスGPの開催地であるシルバーストーン・サーキットで行われる予定だ。

|

« FIA国際法廷、タイヤテスト問題の結論先送り | トップページ | タイヤテスト問題でメルセデス・チームに戒告処分 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57634119

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス・チーム、若手ドライバー対象テスト自粛を打診:

« FIA国際法廷、タイヤテスト問題の結論先送り | トップページ | タイヤテスト問題でメルセデス・チームに戒告処分 »