« ペレス(マクラーレン)、周囲の批判に反論 | トップページ | 『ハンコック』(韓国)、来季のF1タイヤ供給可能性否定 »

2013/06/02

メルセデスMS首脳、2014年マクラーレンへ供給に警戒感

Honda F1 Engine (C)Honda Racing
拡大します
暫定的に2014年シーズンもメルセデス・モータースポーツからエンジン供給を受けるマクラーレン・チームだが、同モータースポーツでは、情報管理について警戒感を顕わにしているようだ。
これはトト・ウォルフ/マネージング・ディレクターがフィンランドの『クライネ・ツァイトゥング』紙に語ったもの。

「正直言って、再来年にはエンジンが変更されるのがわかっていてもう1年供給するというのは気分がいい話じゃない。
なにしろ来年からF1のエンジンは大きく変更されるんだからね。
われわれはマクラーレンが誠実に契約を遵守し、間違ってもわれわれのデータがホンダに洩れることがないよう信じるだけだ」

マクラーレン・チームは2014年の1年だけメルセデスのV6エンジンを使用し、翌年からはホンダにスイッチすることになっている。

|

« ペレス(マクラーレン)、周囲の批判に反論 | トップページ | 『ハンコック』(韓国)、来季のF1タイヤ供給可能性否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57506622

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスMS首脳、2014年マクラーレンへ供給に警戒感:

« ペレス(マクラーレン)、周囲の批判に反論 | トップページ | 『ハンコック』(韓国)、来季のF1タイヤ供給可能性否定 »