« マッサ(フェラーリ)もカナダGPでは新シャシー | トップページ | ブリヂストン、再びF1タイヤサプライヤー浮上に困惑 »

2013/06/06

カナダGPのDRSゾーンは再び2か所

Ferrari DRS Wing (C)Ferrari S.p.A
拡大します
昨年、いったんは1か所に削減されたカナダGP(モントリオール)のDRSゾーンだが、予想通り今年は再び2か所に戻されることがわかった。

ただ去年減らされた理由の一つに「オーバーテイクが容易すぎる」との指摘があったことから、今回2012年の時より63m、2011年に比べると113mもの距離を削減して実施することになるという。

なおこのDRS(可変リヤウィング)を用いてのオーバーテイクには、かつての王者であるニキ・ラウダ氏らから疑問の声も強い。

|

« マッサ(フェラーリ)もカナダGPでは新シャシー | トップページ | ブリヂストン、再びF1タイヤサプライヤー浮上に困惑 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57533737

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPのDRSゾーンは再び2か所:

« マッサ(フェラーリ)もカナダGPでは新シャシー | トップページ | ブリヂストン、再びF1タイヤサプライヤー浮上に困惑 »