« ウェバー(レッドブル)、「離脱は確執が原因じゃない」 | トップページ | フリー走行2回目、マッサ(フェラーリ)がクラッシュ »

2013/06/28

イギリスGPはウェットコンディションでのスタートに

2012 Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
28日(金)午前、イギリスGPのフリー走行セッションがスタートした。
しかし今年も昨年同様、完全なウェットコンディションでの走行を強いられた。
このためセッション終盤までほとんど有効なラップタイムを記録するクルマもなく、単調に時計の針を進めるだけ。

終了間際になってやっと計測タイムが並び始めたが、結局有効タイムを記録したのは22台中11台だけ。
トップタイムはリカルド(トロ・ロッソ)の1'54.249で、これから0.784秒の差でヒュルケンバーグ(ザウバー)が続いた。
ピック(ケータハムF1)は濡れた路面の足を掬われクラッシュ。
なお「渦中の人」ライコネン(ロータス)はマシントラブルか最期までピットガレージから出ることはなかった。
ライコネンがグランプリ・ウィークのセッションでノータイムだったのは今年初めてのことになる。

イギリスGP:フリー走行1回目の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« ウェバー(レッドブル)、「離脱は確執が原因じゃない」 | トップページ | フリー走行2回目、マッサ(フェラーリ)がクラッシュ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57683653

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGPはウェットコンディションでのスタートに:

« ウェバー(レッドブル)、「離脱は確執が原因じゃない」 | トップページ | フリー走行2回目、マッサ(フェラーリ)がクラッシュ »