« テスト問題、フェラーリ・チームが火消しに躍起 | トップページ | スージー・ウォルフさん、「体力で女性はハンディない」 »

2013/06/04

FIA、新V6ターボエンジンの開発を2018年で停止も

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1は2014年から現行の2.4リッターV型8気筒から1.6リッターV型6気筒ターボ・エンジンへと変更されることになっているが、新エンジンの開発についてFIA(国際自動車連盟)が早くも凍結に向けた方針であると伝えられた。

これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が報じたもので、それによれば新エンジンは2014年に導入されると徐々に凍結を進め、2018年までに完全凍結するというもの。
目的はもちろんコスト削減にあるが、すでに復帰を表明しているホンダですら2015年からで、他に参入を考えているメーカーがあったとしても遅れれば遅れるほど後発には不利になるため、実質的に新規参入を排除する施策となりそうだ。

ちなみに噂に上がっているのはトヨタ、BMW、そしてアウディやポルシェらのVWブランドとされている。

|

« テスト問題、フェラーリ・チームが火消しに躍起 | トップページ | スージー・ウォルフさん、「体力で女性はハンディない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57521039

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、新V6ターボエンジンの開発を2018年で停止も:

« テスト問題、フェラーリ・チームが火消しに躍起 | トップページ | スージー・ウォルフさん、「体力で女性はハンディない」 »