« メルセデスMS首脳、2014年マクラーレンへ供給に警戒感 | トップページ | ピレリ:タイヤテストはいかなるチームを優遇したものではない »

2013/06/02

『ハンコック』(韓国)、来季のF1タイヤ供給可能性否定

Hankock Image (C)Honda Racing
いまだ2014年以降のタイヤ供給について契約が交わされていないピレリタイヤに代わり、F1タイヤサプライヤーに名乗りを挙げるのではないかと噂が持ち上がる韓国のタイヤメーカー『ハンコック』だが、同社のモータースポーツ部門で責任者を務めるミハエル・エッケルト氏はその可能性を全面的に否定した。

「これから2014年シーズンに間に合わせるよう新規にF1タイヤを開発するなど時間的にまったく不可能なことだ。
仮に3年-5年の猶予をもらったとしても、今のテストルールでは現役マシンや現役ドライバーでのテストができず、こんな状況でモータースポーツ最高峰のF1に信頼できるタイヤを用意することなどできないね」と、断じた。

いみじくもピレリタイヤが置かれた苦難の状況に同業他社としてエールを送った形。
そのハンコックは現在DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)やF3等にタイヤを供給している。

|

« メルセデスMS首脳、2014年マクラーレンへ供給に警戒感 | トップページ | ピレリ:タイヤテストはいかなるチームを優遇したものではない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57507006

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハンコック』(韓国)、来季のF1タイヤ供給可能性否定:

« メルセデスMS首脳、2014年マクラーレンへ供給に警戒感 | トップページ | ピレリ:タイヤテストはいかなるチームを優遇したものではない »