« グロージャン(ロータス)、「29番グリッドはスゴイ」 | トップページ | カナダGPはベッテル(レッドブル)がポールTOウィン »

2013/06/09

Cinturatoグリーン・インターミディエイトが主役に (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2013年カナダグランプリ 予選
2013年6月8日、モントリオール

前回のモナコと同様、コンディションが混在する中で行われた予選となりましたが、今回はスリックタイヤを一貫して使用することはできず、主にCinturatoグリーン・インターミディエイトタイヤが全3セッションを通じて使用されました。Q1の序盤、P Zeroホワイト・ミディアムとともに今週末用に選択されているP Zeroレッド・スーパーソフトでのランを試みるドライバーも見られましたが、スリックタイヤにはウェットすぎるコンディションであることが証明される結果となりました。

昨日のFP1とFP2がウェットコンディションで行われたため、各ドライバーにはCinturatoグリーン・インターミディエイトが1セット追加供給されていましたが、このタイヤは規定に従ってFP3の開始前に返却されました。

予選では、レッドブルのセバスチャン・ベッテルがインターミディエイトで1分25秒425を記録し、ポールポジションを獲得しました。ベッテルは、難しいコンディションの下で常に上位のタイムを記録し、Q1では最速、Q2では3番手のタイムを記録していました。

午前中の最終フリー走行(FP3)は、サポートレースでの事故の影響を受けたバリアー補修のため、30分間に短縮されました。FP3も終始ウェットコンディションで行われ、レッドブルのマーク・ウェバーがP Zeroレッド・スーパーソフトで最速タイムを記録しました。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:「カナダで過去に幾度も見られたように、今日は雨に尽きる一日でした。この雨が、エキサイティングで予測不可能なレースをたびたび演出しています。今日、ここで速いラップを刻むための鍵は、インターミディエイトからスピードを引き出すことでした。予選タイム計測のタイミングも非常に重要で、その意味では特にウィリアムズのバルテッリ・ボッタスが素晴らしい仕事をしました。明日はドライコンディションになりそうです。ここまでほとんどウェットコンディションだったため、大半のドライバーが多くの新品タイヤを持っており、どのような戦略が展開されるのか興味深いところです。さらに、今週末ここまで、スリックタイヤでの走行機会が十分に得られなかったため、各チームには活用できるフレッシュなデータが不足しています。大半の人々の期待通りドライになれば、各ドライバーはコンパウンドを自由に選択してスタートすることが可能で、その後の多様な戦略の可能性を切り開くことになります」

ピレリの戦略予測:
カナダで戦略に最も影響を及ぼすものは天候です。そしてセーフティーカーも忘れてはなりません。しかし、もしドライコンディションが続けば、70周で競われる決勝での最速戦略は2ストッパーです。トラックの厳しさにも関わらず、デグラデーションと摩耗のレベルは低いため、各ドライバーは、スタートからフィニッシュまで最大限にプッシュすることができるでしょう。

Pi_2

|

« グロージャン(ロータス)、「29番グリッドはスゴイ」 | トップページ | カナダGPはベッテル(レッドブル)がポールTOウィン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57556659

この記事へのトラックバック一覧です: Cinturatoグリーン・インターミディエイトが主役に (ピレリ):

« グロージャン(ロータス)、「29番グリッドはスゴイ」 | トップページ | カナダGPはベッテル(レッドブル)がポールTOウィン »