« ベッテル、レッドブルと2015年まで契約延長 | トップページ | 不調マクラーレンのバトン、「前向き要素、何もない」 »

2013/06/12

レッドブル代表もメルセデスAMGチームを標的

Christian Horner (C)Redbull Racing
拡大します
フェラーリ・チームと共にメルセデスAMGチームがピレリタイヤと共に行ったシーズン中の極秘タイヤテストをFIA(国際自動車連盟)に告発したレッドブル・レーシングでは、クリスチャン・ホーナー代表がこれまたメルセデスAMGチームを標的に鋭く非難の声を浴びせている。

「今回の件について、問題はピレリタイヤではなく参加したチームのほうにあると思う。
今シーズン、様々な評価を受けるピレリタイヤが来シーズンのために的確なタイヤを開発しようとしたのは理解できること。
ただ、それに便乗して『今季マシン』を提供したのはチーム側の責任だ。
ルールを破ったらペナルティを受けるのは当然のこと」と、ホーナー代表。

2010年のF1復帰以来、不振を囲っていた名門メルセデスだが、今年はバーレーンGPから3戦連続ポールポジションを獲得するなど進境著しい。
出る杭が打たれるのは何処の世界も同じか。

|

« ベッテル、レッドブルと2015年まで契約延長 | トップページ | 不調マクラーレンのバトン、「前向き要素、何もない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57574010

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル代表もメルセデスAMGチームを標的:

« ベッテル、レッドブルと2015年まで契約延長 | トップページ | 不調マクラーレンのバトン、「前向き要素、何もない」 »