« バトン(マクラーレン)、マシンの調子上向きに手応え | トップページ | 公式予選Q1もウェットスタート »

2013/06/09

最終フリー走行はコース修復で30分短縮

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
公式予選を前にしたカナダGP3回目のフリー走行は、ウェットコンディションになったことに加え、11コーナーのバリア修復のため予定よりも30分遅れてスタート。
これにより最終フリー走行はわずか30分でのセッションとなった。
タイヤはインターミディエイトとウェットと様々。
しかしその後路面コンディションは回復し、ドライタイヤ(スーパーソフト)での走行が可能となった。

トップタイムを記録したのはウェバー(レッドブル:1'17.895)、以下スーティル(フォース・インディア)、ハミルトン(メルセデス)、アロンソ(フェラーリ)、ベッテル(レッドブル)、ロズベルグ(メルセデスAMG)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、マッサ(フェラーリ)、バトン(マクラーレン)、ライコネン(ロータス)というトップ10。

この後注目の公式予選が行われる。

カナダGP:フリー走行3回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« バトン(マクラーレン)、マシンの調子上向きに手応え | トップページ | 公式予選Q1もウェットスタート »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57552632

この記事へのトラックバック一覧です: 最終フリー走行はコース修復で30分短縮:

« バトン(マクラーレン)、マシンの調子上向きに手応え | トップページ | 公式予選Q1もウェットスタート »