« ベッテル周辺、ウェバーとスチュワードの関係「警戒」 | トップページ | 3ストップの可能性が高い決勝へ (ピレリ) »

2013/05/12

パット・フライT/D(フェラーリ)、盲腸で緊急入院

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームは11日(土)の公式予選後、同チームのテクニカル・ディレクターであるパット・フライ氏が虫垂炎(盲腸)のため緊急入院したことを発表した。

それによればフライ氏は予定通りバルセロナ・サーキットで業務に携わっていたが10日(金)遅くに突然腹部の痛みを訴え、チームドクターの診察を受けた結果「虫垂炎」であるとの診断を受け入院。
11日(土)には手術を受け、現在療養中であるとのことだ。

同チームのステファーノ・ドメニカリ代表は予選後のチームリリースで、「突然の知らせには驚いたが今日にも手術を受けると聞いている。
チームの全員が彼の早期回復と現場復帰を願っている」と語ったが、復帰時期については不明であるとした。

|

« ベッテル周辺、ウェバーとスチュワードの関係「警戒」 | トップページ | 3ストップの可能性が高い決勝へ (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57365536

この記事へのトラックバック一覧です: パット・フライT/D(フェラーリ)、盲腸で緊急入院:

« ベッテル周辺、ウェバーとスチュワードの関係「警戒」 | トップページ | 3ストップの可能性が高い決勝へ (ピレリ) »