« ロータス、シーズン中のタイヤ仕様変更に「不公正」 | トップページ | マクラーレン、スペインGPではチームオーダー指示? »

2013/05/16

ドイツ検察局、エクレストン氏を贈賄罪で起訴

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
南ドイツの『ジュートドイチェ・ツァイトゥング』紙は、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の代表であるバーニー・エクレストン氏がドイツ検察局に贈賄の罪で起訴されたと報じた。

この裁判は、数年前に行われた『CVCキャピタル』の売却を巡り、エクレストン氏が公務員に対して贈賄したというもの。
裁判の進展によっては、今後エクレストン氏がF1に関与できなくなる可能性があるとも報じている。

これについて当のエクレストン氏は、「グリブコウスキー(相手側)に恐喝されたもの」と、贈賄の犯意を否定しているという。

|

« ロータス、シーズン中のタイヤ仕様変更に「不公正」 | トップページ | マクラーレン、スペインGPではチームオーダー指示? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57394564

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ検察局、エクレストン氏を贈賄罪で起訴:

« ロータス、シーズン中のタイヤ仕様変更に「不公正」 | トップページ | マクラーレン、スペインGPではチームオーダー指示? »