« 再び大クラッシュのマッサ(フェラーリ)、「異常なし」 | トップページ | マッサのクラッシュはサスペンション・トラブル »

2013/05/28

ウィットマーシュ(マクラーレン代表)はペレス擁護も

Sergio Perez (C)McLaren Group
拡大します
オーバーテイクが困難とされるモナコGPでアロンソやバトンといったF1チャンピオンを抜き去って盛り上げたマクラーレン・チームのセルジオ・ペレスだが、同じく元チャンピオンのライコネンとは接触するアクシデント。
結局6位走行のポジションを失ってノーポイントに終わったが、それでも同チーム首脳は擁護の姿勢だ。

「ペレスはアグレッシブなドライビングにより、ほぼすべてのラップで楽しませてくれた。
残念ながらライコネンとの接触によりマシンにダメージを負ってしまいポイント獲得はならなかったが、彼の無念さはよく理解できるよ」と、マーティン・ウィットマーシュ代表。

しかしそのライコネンから強く非難されている上、チーム内バトルにより再びバトンとの間に緊張が走るなどしていて、代表の今後の手綱さばきに注目が集まっている。

|

« 再び大クラッシュのマッサ(フェラーリ)、「異常なし」 | トップページ | マッサのクラッシュはサスペンション・トラブル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57468906

この記事へのトラックバック一覧です: ウィットマーシュ(マクラーレン代表)はペレス擁護も:

« 再び大クラッシュのマッサ(フェラーリ)、「異常なし」 | トップページ | マッサのクラッシュはサスペンション・トラブル »