« レッドブル、来季エンジン名「インフィニティ」の可能性 | トップページ | ライコネン(ロータス)、来季の選択肢に「引退」 »

2013/05/25

ピレリ、来季契約の遅れに渋面

Pirelli F1 Staff (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今シーズン末で現在の契約が満了するピレリタイヤだが、来季以降の契約締結が遅れていることに困惑を隠せないでいる。
すでにエクレストン氏率いるFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)との商業契約については合意したと伝えられるが、肝心のFIAからはまだ来季のタイヤ契約について入札の公示すらないままだ。

こうした状況について同タイヤの責任者であるポール・ヘンベリー氏は、「来季のマシン開発を考慮すれば9月にもすべての情報をチーム側に公開しなければならないが、すでに5月も終わろうとしているのにいまだ何の進展もない。
こんな状況で来シーズンのコンパウンドがナンタラと言われても、われわれには対応の仕方がないよ」と、語気を強めている。

噂では、ハンコックら韓国のタイヤメーカーがF1進出を狙っているとも言われている。

|

« レッドブル、来季エンジン名「インフィニティ」の可能性 | トップページ | ライコネン(ロータス)、来季の選択肢に「引退」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57453741

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、来季契約の遅れに渋面:

« レッドブル、来季エンジン名「インフィニティ」の可能性 | トップページ | ライコネン(ロータス)、来季の選択肢に「引退」 »