« ルノー・スポール、モーターホーム追いやられる | トップページ | ベッテル、ペナルティ・ポイント・システムに危惧も »

2013/05/17

バトン(マクラーレン)、ホンダの復帰「歓迎」

Jenson Button (C)Honda Racing
拡大します
既報のようにマクラーレン・チームは2015年から再びホンダとパートナーシップを組むことが明らかとなったが、同チームのジェンソン・バトンはこれを歓迎するコメントを述べた。
バトンはホンダがワークスチームとしてF1参戦した最後の年(2008年)のドライバーでもある。

「僕とホンダとは長い関係があるんだ。
2003年から2005年に掛けて走ったB.A.R時代に搭載していたエンジンはホンダのものだったし、
2006年から2008年は純粋にホンダ・チーム。
ハンガリーGPでのF1初勝利(2006年)もホンダでのことだったからね。
彼らが持つモータースポーツへの情熱は良く理解しているし、とりわけF1への熱い想い入れについても、ね。
来年F1は再びターボ・エンジンへと変更されるから、それに長けたホンダが復活するのは彼らにとってもいいチャンスだと思う。
歓迎するよ」

バトンが初タイトルを獲得した2009年のブラウンGPのマシンは、事実上ホンダが最後に開発したものがベースになっているものだ。

|

« ルノー・スポール、モーターホーム追いやられる | トップページ | ベッテル、ペナルティ・ポイント・システムに危惧も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57400777

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、ホンダの復帰「歓迎」:

» ふっきッ!? [UKYOのつぶやき]
皆様御機嫌如何でございましょうか? [続きを読む]

受信: 2013/05/17 21:26

« ルノー・スポール、モーターホーム追いやられる | トップページ | ベッテル、ペナルティ・ポイント・システムに危惧も »