« ピレリタイヤ、タイヤ改良をカナダGPに前倒しの意向 | トップページ | ヘンベリー: 「ピレリは、2012年型の安定性と2013年型のパフォーマンスを 両立させた新しいタイヤレンジを提供します」 »

2013/05/15

ピレリタイヤにエクレストン氏の「圧力」?

Bernie Ecclestone (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ピレリタイヤがその性能の改善について前倒しを図ったことの背景には、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表の意向があったのかも知れない。

これはイギリスの『スカイスポーツ』が伝えるもので、それによればエクレストン氏は現在のピレリタイヤの耐久性について大きな不満を持っていて、「いまの間違ったタイヤではF1はまるでハーフレースのようだ」と、酷評したという。
同氏もF1レースでは2-3回のピットストップが理想としている。

ただピレリが全社を挙げて早急の対応に取り掛かっていることについてはこのF1総帥も満足しているとのことだ。

|

« ピレリタイヤ、タイヤ改良をカナダGPに前倒しの意向 | トップページ | ヘンベリー: 「ピレリは、2012年型の安定性と2013年型のパフォーマンスを 両立させた新しいタイヤレンジを提供します」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57386913

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤにエクレストン氏の「圧力」?:

« ピレリタイヤ、タイヤ改良をカナダGPに前倒しの意向 | トップページ | ヘンベリー: 「ピレリは、2012年型の安定性と2013年型のパフォーマンスを 両立させた新しいタイヤレンジを提供します」 »