« アロンソ(フェラーリ)の旗振り、今回はお咎めなし | トップページ | ピレリタイヤにエクレストン氏の「圧力」? »

2013/05/15

ピレリタイヤ、タイヤ改良をカナダGPに前倒しの意向

Redbull/Pit (C)RedBull Racing
拡大します
先のスペインGPで、ほとんどのクルマがレース中4回ものタイヤ交換を強いられたことを受け、ピレリタイヤは早急に改善することを示したが、これが速ければカナダGPまで早まることになりそうだ。

これは同タイヤのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターが明らかにしたもので、同氏はその必要性を強調しながらも実現の時期については(大会社のこと故)第8戦のイギリスGP(6月30日)頃としていたことから、第7戦のカナダGP(6月9日)ということになれば大幅に前倒しということになる。

これには、多数回のタイヤ交換が「ピレリタイヤに対するブランドイメージを損なう」との同社首脳陣の配慮が働いたものとみられる。

|

« アロンソ(フェラーリ)の旗振り、今回はお咎めなし | トップページ | ピレリタイヤにエクレストン氏の「圧力」? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57386640

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ、タイヤ改良をカナダGPに前倒しの意向:

« アロンソ(フェラーリ)の旗振り、今回はお咎めなし | トップページ | ピレリタイヤにエクレストン氏の「圧力」? »