« マクラーレン代表、ホンダの複数供給説を否定 | トップページ | デル・ガルデ(ケータハム)、速度違反で罰金ペナルティ »

2013/05/24

トップタイムのメルセデスAMG勢は本番重視

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
モナコGPのフリー走行初日はロズベルグ&ハミルトンのメルセデスAMG勢が1-2タイム。
ここ3戦連続ポールポジションを奪取しているチームなら当然といえそうだが、この日このチームが挑んでいたのは課題となっている決勝レースでのペース。

それを裏付けるように、この日のトータル周回数では上記ハミルトンが51ラップでトップ、ロズベルグも46ラップを周回してこれは3番手となるもの。
ちなみに47ラップで2番手となったのはここモンテカルロでのレースが初体験となるボタス(ウィリアムズ)だったので、メルセデスの両ベテランの周回は際立っていた。

走行を終えたハミルトンは、「少しタイヤにグレーニング(ささくれ摩耗)は出たけれど、問題になるほどのものではない。
いいペースなんじゃないかな」と、好感触を得たようだ。

|

« マクラーレン代表、ホンダの複数供給説を否定 | トップページ | デル・ガルデ(ケータハム)、速度違反で罰金ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57447654

この記事へのトラックバック一覧です: トップタイムのメルセデスAMG勢は本番重視:

« マクラーレン代表、ホンダの複数供給説を否定 | トップページ | デル・ガルデ(ケータハム)、速度違反で罰金ペナルティ »