« パット・フライT/D(フェラーリ)、盲腸で緊急入院 | トップページ | スペインGP スターティングタイヤラインナップ »

2013/05/12

3ストップの可能性が高い決勝へ (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2013年スペイングランプリ 予選
2013年5月11日、バルセロナ

メルセデスのニコ・ロズベルグが、チームメイトのルイス・ハミルトンを抑え、通算3度目のポールポジションを獲得しました。ポールタイムは、ピレリのP Zeroホワイト・ミディアムタイヤで計測されました。今週末用のコンパウンドは、P Zeroオレンジ・ハードとP Zeroホワイト・ミディアムが選択されています。

ミディアムコンパウンドを使用したロズベルグのポールタイム 1分20秒718は、昨年、DRSの使用制限が無い中でウィリアムズのパストール・マルドナードがソフトコンパウンドで叩き出したポールタイム(1分22秒285)よりも1.5秒以上速いものでした。過去に、フロントローより下のグリッドからのスタートで優勝したケースはたった1度だけという、ここバルセロナでは、予選でのパフォーマンスが非常に高い重要性を持ちます。

午前中に行われた最終フリー走行(FP3)では、フェラーリのフェリペ・マッサが、ミディアムコンパウンドを使用して、セッション終盤にロータスのキミ・ライコネンのタイムよりわずか0.006秒速い最速タイムを記録しました。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:「昨日は午前中のウェットウェザーによって、各チームの予選への準備作業が制限されたため、今日の段階では多くの疑問符が残った状態だったと思います。予測した通り、路面は大幅に改善し、今年のバルセロナでのポールタイムは、2011年にピレリがFormula Oneに復帰して以来最速となりました。各チームは、迅速に我々のP Zeroオレンジ・ハードの最新の進化を把握していました。この進化によって、タイヤを最適な作動温度領域内に維持することが容易になり、多様な戦略が可能となります。大きな横方向の荷重、粗い路面、バルセロナの高い気温は、タイヤにとって極めてチャレンジングです。昨年同様、決勝では3ストップを予想しています。フロントローからの優勝の可能性が非常に高いため、タイヤ戦略を駆使してこのトレンドを覆すドライバーが見られるかどうか、興味深いところです」

Pi_2

|

« パット・フライT/D(フェラーリ)、盲腸で緊急入院 | トップページ | スペインGP スターティングタイヤラインナップ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57366740

この記事へのトラックバック一覧です: 3ストップの可能性が高い決勝へ (ピレリ):

« パット・フライT/D(フェラーリ)、盲腸で緊急入院 | トップページ | スペインGP スターティングタイヤラインナップ »