« フリー走行3回目はアロンソ(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 予選Q2、グロージャン&ペレスらが脱落 »

2013/04/20

予選Q1もアロンソ(フェラーリ)が最速タイム

バーレーンGPの予選Q1が終了。
ここでトップタイムをマークしたのはフリー走行3回目に続きフェラーリのアロンソで、ただ一人ベストタイムを1分32秒台に入れる1'32.878をマークした。
2番手ベッテル(レッドブル)、3番手ロズベルグ(メルセデスAMG)、4番手グロージャン(ロータス)、5番手ハミルトン(メルセデス)、6番手ディ・レスタ(フォース・インディア)、7番手マッサ(フェラーリ)、8番手ライコネン(ロータス)、9番手ウェバー(レッドブル)、10番手にスーティル(フォース・インディア)。

マクラーレンはバトン11番手、ペレス13番手で通過。
ここで脱落したのはマルドナド(ウィリアムズ)、グティエレス(ザウバー)、ピック(ケータハムF1)、ビアンキ(マルシアF1)、デル・ガルデ(ケータハム)、そしてチルトン(マルシアF1)の6台。

なお午前のフリー走行でマシントラブルに見舞われたハミルトン(メルセデス)は、この影響でギヤボックスを交換。
これにより予選グリッド5番降格のペナルティを科せられることになる。

|

« フリー走行3回目はアロンソ(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 予選Q2、グロージャン&ペレスらが脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57212608

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1もアロンソ(フェラーリ)が最速タイム:

« フリー走行3回目はアロンソ(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 予選Q2、グロージャン&ペレスらが脱落 »