« ライコネン(ロータス)、「まだ勝つレベルにはない」 | トップページ | 佐藤琢磨(ホンダ)、インディカー・シリーズ初優勝 »

2013/04/22

ピレリ、「マッサのトラブルはデブリ(破片)から」

Felipe Massa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ピレリタイヤは、バーレーンGP決勝レースで再三マッサ(フェラーリ)を襲ったタイヤのトラブルは路面上のデブリ(破片)によるものとの見解を明らかにした。

同レースでは、マッサのマシンの後輪が大きくバースト(破裂)。
その瞬間の模様が国際映像で流されると関係者の多くが息を呑んだ。

これについてレース後タイヤを調査したピレリタイヤのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、「残された残骸を見たところ、他の異なるカーボン繊維が見出された。
このことから破損の原因は路面にあったデブリ(破片)によるものと現段階では判断している」と、説明した。
またマッサの場合1回目はトレッドの剥離だったが、2回目はパンクであるとも付け加えた。

今回は最終フリー走行でもハミルトン(メルセデスAMG)のタイヤが破損。
この時はさらにサスペンションやギヤボックスまで傷める大きなダメージを誘発した。

|

« ライコネン(ロータス)、「まだ勝つレベルにはない」 | トップページ | 佐藤琢磨(ホンダ)、インディカー・シリーズ初優勝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57223213

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、「マッサのトラブルはデブリ(破片)から」:

« ライコネン(ロータス)、「まだ勝つレベルにはない」 | トップページ | 佐藤琢磨(ホンダ)、インディカー・シリーズ初優勝 »