« タイGP、最終レイアウトを明らかに | トップページ | 2014年は早期のシーズン前テスト解禁模策 »

2013/04/27

ペレス強姿勢、マクラーレン内部に不協和音も

Sergio Perez (C)McLaren Group
拡大します
バーレーンGP決勝レースではチームメイトどうしと思えないバトルを演じたマクラーレン・チームだが、一方の当事者であるセルジオ・ペレス(メキシコ)は「レース後謝罪した」という一部の報道を否定した。

「レース後バトンと話し合ったのは確かだけど、僕が謝罪したというのは事実じゃない。
チームには謝ったけれど、ね。
バトンと僕は対等なんだし、それに今も関係は良好だよ」と若輩ながら強姿勢を崩さないペレス。
(ペレス:23歳、バトン:33歳)

同チームのマーティン・ウィットマーシュ代表は「ウチには伝統的にチームオーダーなんかないし、二人のバトルを止めるつもりはない」としながらも、「互いの不利益にならぬよう」と戒めた。
一方のバトンは「ペレスのドライビングはカートレースのよう」と皮肉っている。

|

« タイGP、最終レイアウトを明らかに | トップページ | 2014年は早期のシーズン前テスト解禁模策 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57255597

この記事へのトラックバック一覧です: ペレス強姿勢、マクラーレン内部に不協和音も:

« タイGP、最終レイアウトを明らかに | トップページ | 2014年は早期のシーズン前テスト解禁模策 »