« 鈴鹿サーキット、日本GPで『5807分の1サポーター企画』 | トップページ | 2014年初開催ロシアGP、財政難解消に政府関与の噂 »

2013/04/06

バーニー・エクレストン氏、不安のエンジン音に『打開秘策』

Image (C)Lotus F1 Team
拡大します
F1は2014年シーズンよりエンジン規定が現行の2.4リッターV型8気筒エンジンから1.6リッターV型6気筒ターボ・エンジンへと変更されることになっているが、これに伴いモータースポーツにとって大きな魅力の一つであるエクゾーストノートが貧弱になることが憂慮されている。

これについてかねて不安を示していたF1総帥バーニー・エクレストン氏は、すでに『秘策』を考えていることを明らかにした。
「噂だと、新しいF1エンジンの音はまるで芝刈り機のようだというじゃないか。
モータースポーツ最高峰のF1がそれでは……、ね。
だから私はジャン・トッド(FIA会長)に言ったんだ。
それなら排気管の先端にスピーカーを付けよう、って」

それでもこの冗談が冗談でなくなることがほんとうにあるかも知れない。
なぜならこれはF1だから。

|

« 鈴鹿サーキット、日本GPで『5807分の1サポーター企画』 | トップページ | 2014年初開催ロシアGP、財政難解消に政府関与の噂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57108701

この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・エクレストン氏、不安のエンジン音に『打開秘策』:

« 鈴鹿サーキット、日本GPで『5807分の1サポーター企画』 | トップページ | 2014年初開催ロシアGP、財政難解消に政府関与の噂 »