« 2014年の新エンジン、今季中のテスト予定はなし | トップページ | ハミルトン(メルセデス)の要求は「イコール・コンディション」 »

2013/04/08

ロータス・チームはピレリの積極姿勢を擁護

James Allison (C)Lotus F1 Team
拡大します
「よりアグレッシブに徹する」とした今シーズンのピレリタイヤの姿勢には、一部「レース戦略をスポイルしている」と批判の声もあるが、開幕戦オーストラリアGPを制したロータス・チームではピレリの姿勢を擁護する構えだ。

これは同チームのジェームズ・アリソン/テクニカル・ディレクターが語ったもので、「今年のタイヤが昨年よりも一段階柔らかくなって、その扱い方が難しくなっているのは確かだろう。
レンジは狭くなったし暖めるのにも気を遣う必要がある。
でもわれわれのマシンがこれにうまく対応できるものだという自信はあるね。
一部のチームが指摘するほど今年のピレリタイヤが劇的に変わったとは思わないが、少なくとも悪い方向を向いているものではないとわれわれは思っているよ」としている。

ロータス・チームはほとんどのマシンが3ストップだったオーストラリアGPでは2回、4ストップだったマレーシアGPでは3回のピットストップに留めている。

|

« 2014年の新エンジン、今季中のテスト予定はなし | トップページ | ハミルトン(メルセデス)の要求は「イコール・コンディション」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57129377

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス・チームはピレリの積極姿勢を擁護:

« 2014年の新エンジン、今季中のテスト予定はなし | トップページ | ハミルトン(メルセデス)の要求は「イコール・コンディション」 »