« ロータス・チーム、「成功は資金次第」 | トップページ | マクラーレン・チーム代表、「追い込まれたと思ってない」 »

2013/04/01

マーク・ウェバー父、「信頼はないが静観する」

Alain Webber (C)Redbull Racing
拡大します
マレーシアGP決勝レースで起きたチームメイトどうしのオーバーテイクにより緊張が伝えられるレッドブル・デュオについて、一方の当事者であるマーク・ウェバーの父親アラン氏は、「信頼は取り戻せてないが、事態を静観する」と語っている。

これはウェバー親子の地元であるオーストラリアのABC(オーストラリア放送協会)に語ったもの。
その中でアラン氏は「マークはいまだにピット・ギャントリー(チームの指令台)との間に信頼関係があると思うが、しかしベッテルのほうはそうではないだろう。
今回彼が失ったものは彼自身が考えているよりはるかに大きなものだ。
しかしマークはこれにより何か行動を起こすことはない。
今は事態を静観すべき時だ」と、冷静に述べた。

一部に、ウェバーが4月の中国GP前にアクションを起こすのではないか、という報道もあったが、アラン氏はこうした見方を否定した形だ。

|

« ロータス・チーム、「成功は資金次第」 | トップページ | マクラーレン・チーム代表、「追い込まれたと思ってない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57079234

この記事へのトラックバック一覧です: マーク・ウェバー父、「信頼はないが静観する」:

« ロータス・チーム、「成功は資金次第」 | トップページ | マクラーレン・チーム代表、「追い込まれたと思ってない」 »