« ピレリ、結局ハードタイヤのコンパウンド変更へ | トップページ | タイGP、最終レイアウトを明らかに »

2013/04/27

ロン・デニス氏降格の噂もマクラーレンは否定

R.Dennis & M.Whitmarsh (C)McLaren Group
拡大します
ドイツの有力誌『アウトモーター・ウント・スポルト』は、マクラーレン・グループの乗用車部門で大きな赤字を出した責任を問われ、かつてのグループ総帥ロン・デニス氏が取締役会から外れるという降格処分を受けたと報じた。

現在代表はマーティン・ウィットマーシュ氏で、デニス氏はマクラーレン・オートモーティブを担当するが大不振、グループはいま大株主であるバーレーン系の投資企業『マムタラカト』が大きな発言力を持っていて、そこからの圧力で降格になったというもの。

しかしマクラーレン・グループの広報は英『BBC』の取材に対し、「デニス氏の役職変更は本人の希望によるもので降格ではない」、と否定した。
とはいえ、かつてマクラーレンの「顔」だったデニス氏がグループ内で存在感を失ったことは事実のようだ。

|

« ピレリ、結局ハードタイヤのコンパウンド変更へ | トップページ | タイGP、最終レイアウトを明らかに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57255010

この記事へのトラックバック一覧です: ロン・デニス氏降格の噂もマクラーレンは否定:

« ピレリ、結局ハードタイヤのコンパウンド変更へ | トップページ | タイGP、最終レイアウトを明らかに »