« 佐藤琢磨(ホンダ)、インディカー・シリーズ初優勝 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)のレース、DRSでぶち壊し »

2013/04/22

ベッテル、3ストップ戦略でバーレーングランプリを制す (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2013年バーレーングランプリ 決勝
2013年4月21日、サクヒール

現世界王者セバスチャン・ベッテルが3ストップ戦略でバーレーングランプリを制し、ドライバーズ選手権における2位との差を10ポイントに広げました。ベッテルは、P-Zeroホワイト・ミディアムタイヤで2番グリッドからスタートしました。そして、その後の3スティントをP-Zeroオレンジ・ハードタイヤで走行し、2位との差を9秒以上つけて通算28回目の優勝を果たしました。

バーレーンの暑さの中、2ストップから4ストップまで多様な戦略が展開され、表彰台争いでもタイヤ戦略が重要な役割を演じました。ロータスのキミ・ライコネンが2ストップ戦略で2位を、チームメイトのロマン・グロージャンが3ストップ戦略で3位を獲得しました。グロージャンは、レース終盤、2ストップ戦略を採っていたフォース・インディアのポール・ディ・レスタをオーバーテイクし、2013年バーレーングランプリの表彰台は昨年と同じ顔ぶれが揃いました。

ハードタイヤでスタートしたドライバーは、フェラーリのフェリペ・マッサ、ロータスのロマン・グロージャン、ザウバーのニコ・ヒュルケンベルグ、ウィリアムズのバルテリ・ボッタス、トロ・ロッソのジャン・エリック・ベルニュ、ザウバーのエステバン・グティエレスでした。その他のドライバーは、ミディアムタイヤでスタートを切りました。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:「グランプリのスタートからフィニッシュまで、終始見応えある大接戦が繰り広げられました。2つのコンパウンド間の性能差が小さかったことがその要因のひとつとなっており、多様な戦略が見られました。今回の場合、レース全般を考えると、スタート時のタイヤ選択によるタイムへのアドバンテージの差はほとんどありませんでした。今年、これまでで最も高くなった気温と路面温度によって、熱によるデグラデーションの管理が課題となりました。そのため、ベストな戦略と最もスムーズなドライビングスタイルを実行したドライバーたちが報われました。フェリペ・マッサのフェラーリが装着したタイヤで発生した問題について、現在調査を行っています。サイドウォールとトレッド表面にカットを発見しており、これらのカットが生じた原因を調べています」

Pi 勝利戦略は、同様の流れに沿うものとなりましたが、セバスチャン・ベッテルは完璧な戦略を見出しました。ベッテルは、ミディアムでスタートし、10周でハードへ交換、その後、25周と42周でハードへ交換しました。 Pi2

|

« 佐藤琢磨(ホンダ)、インディカー・シリーズ初優勝 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)のレース、DRSでぶち壊し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57225187

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル、3ストップ戦略でバーレーングランプリを制す (ピレリ):

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
Mシューマッハーと「ハミー」「シュミー」と呼びあい、あらゆるF1関係者から絶大な信頼を得ていたブリヂストンの浜島裕英さんの著作。 レーシングタイヤ制作の舞台裏だけでなく「組織で働く」ということや「ものをつくる」ということについても考えさせられるおもしろい本で... [続きを読む]

受信: 2013/04/23 22:48

« 佐藤琢磨(ホンダ)、インディカー・シリーズ初優勝 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)のレース、DRSでぶち壊し »