« マーク・ブランデル氏、中国GPのレーススチュワードに | トップページ | レッドブル首脳、来季ライコネン起用の可能性示す »

2013/04/11

中国GPのDRSゾーン、今年はピットストレートにも

Chinese GP Scene (C)Williams F1
拡大します
今年、FIA(国際自動車連盟)は基本的にすべてのグランプリ・サーキットで2か所のDRSゾーンを設ける方針を明らかにしているが、これに伴い今週中国GPが行われる上海サーキットでは昨年までのバックストレートに加え、ピットストレートにも追加することを発表した。
計測ポイントは前者が12コーナー途中、また後者については最終コーナー手前に設けられる。

DRS(ドラッグ・リダクション・システム)は言うまでもなくオーバーテイクの重要な要素だが、今年は加えてタイヤが占める要素も比重を増している。

|

« マーク・ブランデル氏、中国GPのレーススチュワードに | トップページ | レッドブル首脳、来季ライコネン起用の可能性示す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/57148844

この記事へのトラックバック一覧です: 中国GPのDRSゾーン、今年はピットストレートにも:

« マーク・ブランデル氏、中国GPのレーススチュワードに | トップページ | レッドブル首脳、来季ライコネン起用の可能性示す »